園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • パンダの部屋
  • 動物図鑑
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

最新ニュース

2015年02月05日

バレンタインデー前にフラミンゴも恋の季節

入園ゲートを入ってすぐのフラミンゴ池に約200羽いる「ベニイロフラミンゴ」と「ヨーロッパフラミンゴ」たちがバレンタインデーを前に恋の季節を迎え、一年で一番美しい姿を見せています。

フラミンゴたちは1月ごろから繁殖期に入り、異性にアピールするために「ディスプレイ」と呼ばれる首をまっすぐ伸ばし左右に振ったり、大きく左右に羽根を広げたりするなどの行動をします。
この時期のフラミンゴは年間を通じて、最も羽の色が鮮やかになり、一番の見ごろといえます。
 
3月下旬~4月上旬頃には最初の産卵が始まり、親鳥に温められた卵は28日でふ化しますので、ゴールデンウィークを迎えるころに最初のヒナが生まれます。その後、6月ごろまでに例年15~20羽のヒナが誕生しています。
 
なお、王子動物園は1977年に国内で初めてフラミンゴの人工ふ化に成功し、(社)日本動物園水族館協会から繁殖表彰を受賞しています。
 
また、1983年から昨年まで32年間連続でフラミンゴの繁殖に成功しており、その間の総繁殖数は579羽で日本一の実績です。

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

王子動物園のフラミンゴたち

飼育数:198羽  ※2014年12月31日現在
 ■ ヨーロッパフラミンゴ  生息地‐地中海や紅海、アフリカ南部など
 ■ ベニイロフラミンゴ   生息地‐中南米の海岸、カリブ海など

王子動物園のフラミンゴ飼育歴

1963年  フラミンゴ6羽の飼育を開始
1977年  国内初のヨーロッパフラミンゴの人工ふ化に成功
     (社)日本動物園水族館協会の繁殖表彰受賞
1983年  王子動物園では初めての自然繁殖に成功
2014年  32年連続で繁殖に成功

このページのTOPへ