園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • パンダの部屋
  • 動物図鑑
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

最新ニュース

2015年05月22日

ホッキョクグマ「アイス」死亡

王子動物園のホッキョクグマ「アイス」(オス・24歳)が5月21日の早朝に死亡しました。

死因は現在調査中です。

アイスは温厚な性格で親しまれ、ドボンタイムなどでは豪快にプールへ飛び込み来園者の方々を賑わせてくれていました。

アイスへの献花台を22日より王子動物園ホッキョクグマ舎に設けます。

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

画像をクリックで拡大

ホッキョクグマ「アイス」

1990年(平成2年)12月18日 釧路市動物園生まれ
1991年(平成3年)11月16日 王子動物園に来園

当園のホッキョクグマ ※「アイス」を除く

みゆき(メス・24歳)
1990年(平成2年)11月30日 天王寺動物園生まれ
1992年(平成4年)1月20日  王子動物園に来園

ホッキョクグマについて

・分類:哺乳類食肉目クマ科
・英名:Polar bear
・学名:Ursus maritimus
・生息地:北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸北部、北極圏の流氷水域や海岸
・特徴:オスは体長250~350cm、体重350~650kg。成獣になると、繁殖シーズン以外は単独で行動することが多い。野生での生息数は約2万頭で、国際的な保護動物になっている。

国内のホッキョクグマの飼育状況(2014年12月31日現在)

23園館 46頭(オス16頭、メス28頭、不明2頭)

このページのTOPへ