園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2018年01月17日

    動物園で、蒸気機関車 D51が!?

        今日、1月17日、あの阪神淡路大震災から23年、神戸市民には心に深く刻まれる特別な日です。天気は朝から雨。 ”涙雨”です。

     そんな特別な日に、園内にある蒸気機関車D51を綺麗に清掃しました。

     DSC00756-2

        このD51、並みのD51ではないのです。1938(昭和13)年に製造されたのですが、当時の「鉄道省」の「鷹取工場」で、第1号機として製造された記念物的な車両だそうで、デビュー以来、日本の産業を支え、陸上交通の王様として活躍し、地球45周の180万キロを走破。
        1971(昭和46)年、その役割を終え、廃車、解体に成るところ、保存運動が起こり、当時の「国鉄」と神戸市が協力して、王子動物園で展示される事になったのです。  

        まさに“産業遺産”ですね。
        “蒸気機関車マニア”の人なら、見ているだけでヨダレが出るそうです。

     DSC00754-2

        現在は、客車も2両、引き連れて、車内は当時を偲ばせる雰囲気です。今でも子供たちが笑顔で乗り降りし、多くの人に愛され、余生を送っています。

     DSC00750-2DSC00751-2

        ところで、「鷹取工場」ってご存知ですか?
        JR鷹取駅の北側にあった、約18haのとても広大な車両工場です。
        1900(明治33)年に、当時の山陽鉄道(現在の山陽電気鉄道とは違います)により車両工場として建設された後、鉄道院、鉄道省、国鉄などを経て、1995(平成7)年、JR西日本の鷹取工場として稼働中に震災被害に遭遇しました。
        震災後、神戸市は、新長田・鷹取周辺で被害の大きかった区域を対象に、震災復興の都市計画事業を実施しました。そのまま放置すれば以前と同じような課題のある街が再現される。そうならないように、安全安心な街づくりを目指して事業をスタートさせたのです。 
        その中で、鷹取工場は、JR西日本の協力を得て、都市計画事業区域に編入され、2000(平成12)年、工場としての100年の歴史に終止符を打ちました。そして、震災復興事業は、工場跡地を種地として利用することで、大きく進むことになったのです。
        現在工場跡地には、妙法寺川左岸公園、だいち小学校、マルハチ鷹取店、その他多くのマンションや住宅などが立地しています。
       「あ~良かった。やっと、D51と震災と動物園の話が繋がった。」
                    by タイガーマスク(伊達直人)

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031