園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2017年03月08日

    じゅーいのしゅーい#91 だいぶ伸びてきた

    インドクジャクの美しい目玉模様の羽。

    DSC00157圧縮 

    これ、いつでも見られるわけではないことはご存じでしょうか?

     

    そもそも、メスにはありません。

    あくまでもオスがメスにアピールするために必要なのです。

     DSC05329

    (上の2写真で、アピールしまくるオスの前を無造作に歩いているのがメスです)

     

    といっても、オスなら年中あるわけでもなく…。

    そりゃああんな重くて目立って大変なもの、普段?はないほうがいいに決まってますよね。

    なので毎年、繁殖期が終われば、ぜ~んぶ抜け落ちてしまいます。

     

    夏の盛りにはもうこんな感じ。

    DSC00171

    (左がオス、右がメス)

    わずかに残っていますが、最盛期の面影は全くなし。

     

    シロクジャクも…。

    DSC07749

    …ちょっと変わったニワトリみたい。

     

    でもまた春が近づくと、新品の羽が伸びてくるんですよ~。

     

    今、こんな感じです。

    DSC01230

     

    DSC01228

    だいぶ伸びてきましたねえ。でもまだセミロングってとこでしょうか。

     

    残念ながら現在は、鳥インフルエンザ対策のため格子越しでしかご覧いただけません。

     

    過去にそーかつがブログで紹介してくれたような

    http://www.kobe-ojizoo.jp/blog/6804/

    めいっぱい美しい姿になる頃には、鳥インフルエンザも収束していることを祈ります。

     

    本格的な春はすぐそこだと、クジャクたちは知っています!

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年03月01日

    じゅーいのしゅーい#90 首を長くして

    アメリカからキリンのメスが来ました。

    DSC_2538圧縮  

     

    よくぞはるばる来てくれました。長旅どんなに大変だったでしょう。

     

    …このグローバル時代に大げさだと思いますか?

    2日もあれば充分でしょうって?

    ヒトならそうかもしれませんが、キリンだとそうはいかないんですよ!

     

    今回の場合、アメリカでの輸出検疫30日間、日本まで空路で一晩、日本で輸入検疫15日間。

    その後ようやく陸路で王子まで、これも丸一日がかりでした。

     

    着いたのはもうとっぷり暮れる頃…。

    DSC00901圧縮

     

    生まれ故郷を出てからずっとひとりぼっちで、こんなにちびっこいキリンが、よく無事で到着してくれました。

     

    久しぶりのキリンのお兄ちゃんたちだね!

    DSC00930圧縮

    (手前からちびっこキリン、嵐、奥にぼんやりヒメイチ…)

     

    というわけで、大事な大事なキリンです。

    今後ヒメイチや嵐との同居、屋外での公開展示、お名前募集…と計画していますが、様子を見ながら無理せずゆっくり進めていきたいと思います。

     

    皆さまも、もう少し、首を長くしてお待ちくださいね。

    DSC_2539圧縮

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年01月10日

    じゅーいのしゅーい#89 ヤマちゃん1日欠勤します

    1月12日(木)はアムールトラ(ヤマちゃん)がご覧いただけませんのでお知らせします。

     

    愛くるしいしぐさでファンの多いヤマちゃんももう16歳。

    DSC05117ヤマ

    アムールトラの寿命は15~20歳くらいと言われていますから、もうだいぶいいお年ですね…。

     

    最近、高齢の大型ネコによくあるトラブル「爪がちょっと伸びすぎている状態」になってしまいました。

     

    歩くのも少しつらそうです。

    DSC00122山

     

    そのため、12日に健康診断を兼ねて全身麻酔をかけ、爪を切ることになりました。

     

    麻酔をかけた日は安静のため寝室で過ごしてもらうので、12日は終日ご覧いただけません。

     

    ご迷惑をおかけしますが、麻酔と健康診断が無事終わるようそっと応援していただけるとありがたいです。

    DSC00121山

     

    (亜種メガネダヌキ)

     

  • 2016年12月31日

    じゅーいのしゅーい#88 ヒツジはヒツジ

    12月31日、大晦日ですね。

    でも動物にはネンマツもネンシも関係ありません。

     

    というわけで先日やってきたヒツジたちのその後を紹介します。

     

    新入りサフォーク種のルビー&つくし0歳。

    迎えるのはコリデール種のスーちゃん9歳、モッチー&クッカー1歳。

    品種は違えど同じヒツジですが、さてさて…

     

    はい、なんとスーちゃんいきなりの威嚇。

    ヒツジの武器、頭突きをいきなりお見舞いしようとします。

    DSC09925     

    ス「ここを仕切っているのは私よっ(コムスメには最初が肝心)!」

    ル&つ「あっ…すみません、よろしくお願いします」

     

    でもエサさえあればこのとおり。

    DSC09926

     

    きれいな五角形(笑)

    DSC09931

     

    と安心する間もなく、またまたスーちゃんの頭突き炸裂!

    (実際にはほとんど当たっていなくて、威嚇です)

    DSC09932

    ス「ちょっと!私のエサに何してんの!」

    ル「えっ…」

     

    ルビーとつくしは追い出されてしまいました。

    にらみを利かせるスーちゃんと、知らん顔のモッチー&クッカー。

    DSC09934

    ス「小娘が一緒にエサを食べようなんて100年早いのよ」

    ル「ええーっ」

    つ「なにこのおばちゃん…(小声)」

    モ&ク「…(私たち知~らない)」

     

    ルビーとつくしはすねてしまいました。

    DSC09936

    ル&つ「私たちもう鹿児島に帰りたい…」

     

    この日はだいたいこんな感じでした。

     

    でもご心配なく、数日後にはこのとおり。

    まだ微妙な雰囲気ですが、なんとなく5頭一緒にいます。

    DSC00023

     

    ほら、なんとなく一緒。

    DSC00026

    ス「仕方ないわね、私がまとめないと」

     

    やっぱり同じヒツジ、一緒にいるのが好きなやつらなんですね。

     

    早く皆さまの前で5頭一緒にデビューできるといいな。

     

    (なお、会話はもちろんすべて私のアテレコで、実際彼女らはこんなこと言ってませんのであしからず。初対面のヒツジとしてはごく普通の光景です。)

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2016年12月30日

    じゅーいのしゅーい#87 ロバ・ヒツジ・カンガルー

    ロバ・ヒツジ・カンガルーと聞くと、「ブレーメンの音楽隊」を思い浮かべませんか?

    …ロバしかかぶっていませんね、どうもすみません。

     

    さて、新しい仲間たちがやってきましたよー。

    DSC09739来ました     

    ロバの上…ではなく横に、ヒツジとカンガルーが並んで搭載。

    (見えていませんが奥にも箱があります)

     

    まず、ロバのブンタ(オス、鹿児島市平川動物公園より)

    DSC09856ブンタ

     

    少しずつ職員に慣れてもらおうと練習中です。

    DSC_3608ブンタ

     

    お隣りさんたちも、慣れてね。

    DSC09809ニホンジカ・シタツンガ

    (視線の先にはブンタ、超警戒中…)

     

    お次はヒツジのルビーとつくし(どちらもメス、同平川動物公園より)

    顔の黒い「サフォーク」という品種です。

    DSC09874ルビつく

     

    先住の「コリデール」チームと仲良くなれるかな?

    DSC09924初ご対面

    この続きはどうなったのか…また今度ご紹介しますね。

     

    最後にアカカンガルーのジョニー(オス、姫路市立動物園より)

    DSC09762ジョニー

    すぐに当園のアカカンガルーたちにまぎれちゃいました。

    DSC09803ジョニー

    チンパンジーのジョニーさんと同名ですから、あやかって長生きしてほしいです。

     

    王子の環境になじむまで、しばらくそっと見守ってくださいね!

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2016年11月22日

    じゅーいのしゅーい#86 折れました

    アジアゾウといえば、オスのりっぱな牙。

    (メスの牙はあっても短いです)

     

    牙は一生、伸び続けます。

    野生では使っているうちにこまめに折れることもあるのでしょうか。

     

    マックの場合、ぐいぐい伸びてこんな感じでしたが…

    DSC07555前

    長い方の左の牙が、ある夜、ちょっとした拍子にいきなり折れました。

    きっと少しひびが入っていたのではないかと思います。

     

    割れた欠片をつなげるとこんな感じ。

    DSC08969牙

    なんと全長140㎝、12kgくらいありました。

     

    取れた後はこんな感じにすっきり。

    DSC05215後

     

    あまり根元で折れて歯髄が露出すると、そこから膿んだりすることもあるので大変です。

     

    ちょうどよかったね。

    頭も軽くなったのではないでしょうか。

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2016年11月07日

    じゅーいのしゅーい#85 ミンファとガイア同居再開

    ガイアが夏の別荘(?旧レッサーパンダ舎)から、動物とこどもの国のレッサーパンダ舎に戻ってきました。

     

    久しぶりの再会は特に問題なく、もう2頭は落ち着いています。

    DSC08863ミとガ   

     

    おいしそうにリンゴを食べるガイア。

    DSC08865

     

    おいしそうにリンゴを食べるミンファ。

    DSC08854

     

    DSC08856

     

    やっぱりパンダ、上手に持ちますね~。

    DSC08869

     

    負けてませんよ~。

    DSC01011GP

     

    ガイアとミンファは時にお互いを気にする様子もありますが…。

    DSC08873

    基本、マイペースな2頭は微妙な距離感です。

     

    16時以降は寝室に入りますので、リスと小鳥の森の中にある窓(セツビのセNo.80カオナシの窓)からそっとのぞいてくださいね。

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2016年11月06日

    じゅーいのしゅーい#84 べっぴんさんの登場

    カリフォルニアアシカのスミレちゃん。

     

    来園したときはまだ体がちっちゃくて、他3頭との体格差があったので、キングペンギン用のプールで一人暮らししてました。

     DSC07550スミレ  

     

    ようやく大きくなって、みんなのいるアシカプールへデビューです。

     DSC08809上から

     

    ちゃんとごあいさつ。

     DSC08814ごあいさつ

    面倒見のよい肝っ玉母さんなヤヨイさんのおかげで、早くなじめそうです。

     

    どれがどれだかわかります?

     DSC08807アシカ4頭

    雑な見分け方ですが…

    カイト(右)いちばん体が大きくて、おでこが出っ張っている(オスの特徴です)

    ヤヨイ(上)少し体が茶色っぽい

    コナツ(左)体は黒っぽくて鼻先がしゅっととがっている

    スミレ(中)いちばんちっちゃい

     

    違ってたらスイマセン…。

     

    ちびっこだったカイトも立派に成長してきて、メスが3頭になって、アシカのハーレムらしくなってきました :-)

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2016年10月30日

    じゅーいのしゅーい#83 めんどうでしたか?

    ハロウィンです!

    動物たちにかぼちゃをプレゼント!!

     

    とはいえ、かぼちゃを食べない動物たちもいるわけで。

    でも、なんとかして、かぼちゃを与えたいわけで。

     

    例えば魚が主食のカワウソの場合。

    好物のワカサギと活ドジョウをかぼちゃにイン!

     DSC08644         

    …入れるそばからドジョウが脱走しているんですけど…。

     

    サンゴちゃん(メス)がやってきました。

     DSC08667

    「こんなところにお魚が!」

    いい感じです。

     

    ちょっとこわがりなアトム(オス、右)のため、中が見えるようフタをとってあげましたが、及び腰。

     DSC08681

    その間にも、サンゴちゃん(左)は次々と魚を引っぱり出して食べています。

     DSC08689

     

    ドジョウを頭からかじる姿はなかなかスプラッタでハロウィンらしいかも?(ドジョウさんごめんなさい)

     DSC08707

    それにしても上手につかみますねえ。

    つるつるすべるドジョウも彼らにはかないません。

     

    と、またまた脱走しようとするドジョウが!

     DSC08684

    アトム「ラッキー!」

     

    …もしやこのかぼちゃ、ドジョウが脱出しやすいあえてのデザインだったのでしょうか?

     

    そうこうするうちにもサンゴは黙々と攻略。

    DSC08692

     

    アトムもそこそこありついてご満悦?

     DSC08704

     

    魚を食べ終わると2頭はすたこら去っていきました。

     DSC08714

    あとにはかぼちゃの空虚な笑みが残されます。

     

    カワウソにかぼちゃ、楽しんでもらえたでしょうか。

     

    2頭とも「人間ってなんでこんなめんどくさいことするのかな」と思ったかもしれませんね…。

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2016年10月25日

    じゅーいのしゅーい#82 甘えん坊さん

    アカカンガルーの赤ちゃんと聞いて、イメージするのはこんな感じ?

     DSC06332     

     

     

    でもたびたびこんなのも見かけます。

     DSC02498甘えん坊

     

     DSC06021まだミルク飲んでるの(動画あり)

     

     DSC06148甘えん坊

    もうほとんどお母さんと同じ大きさやんか…と突っ込みたくなりますが、突っ込んでいるのは彼らの方。

     

    はい、お母さんの袋に顔だけ突っ込んで、まだおっぱいを吸っています。

    目をつぶってじっとしているところをみると、袋の中に入っていたときと同じ気分で、きっと安心なのね。

     

     

    あっ!袋から何か見えている!

     DSC07834

    まさか妹か弟の手(前肢)?

     DSC07834トリミング(2)

     

    でも大丈夫、ちゃんと「上の子用」と「下の子用」でおっぱいを使い分けているので、取り合いにはならないんですよ。

    成長度合いに合わせて乳首の大きさもものすごく変わるんです。

     

    おそるべし、カンガルー。

     

    (亜種メガネダヌキ)