園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2017年04月19日

    じゅーいのしゅーい#97 新作!

    園内には、さわれるオブジェがいくつかあります。

     

    ケヅメリクガメ「よしはる」(になりきれる甲羅のオブジェ)。

    DSC01792よしはる    

     

    きりんテラスに出てきたキリンの頭(のようなオブジェ)。

    DSC01791きりん

     

    ケージの外で子育てしている(ような)フラミンゴ(のオブジェ)。

    DSC01806フラミンゴ

     

    などなど。

     

    そしてついに、新作ができました!力作ですよ~。

    DSC02273前

    アビシニアコロブスのファミリーの一員になれるオブジェです。

     

    実は、サイズが実物よりふた回りほど大きいのです。

    なぜって…

     

    「顔出し」ができるから!!

    DSC02272後

    上の写真との違いが分かりますか?ぜひアップで見てください。

     

    なんと「3D顔出し看板型さわれるオブジェ」なのです!

     

    このオブジェは、盛岡市動物公園でニホンザルの立体顔出し看板を見たオカン(注・もちろん私の母親ではなく当園ブログのハンドルネームですよ)の悲願でもありました。

     

    「細かいところもリアルによくできているから、叩いたり、上にのぼったりしないで、大事にしてね」

     DSC02274アップ

     

    「でないと、ケガをしたり、こわれたりしちゃうよ」

    DSC02276アップ

     

     

    ぜひ本物とも見比べてみてくださいね。

    DSC01539コロブス

    …どんなデザイナーも考えつかないような、不思議な造形のサルです。

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年04月17日

    じゅーいのしゅーい#96 419の日

    昨日は「飼育(419)の日」イベントを行いました。

    とってもいいお天気で、たくさんのお客様にご参加いただきました。

     

    ゾウのトレーニングとおやつタイム。

    なんだかわからない写真ですみません。

    ゾウDSC_3680  

    左の窓の奥にうっすらとマックの牙が写っているのですが。

     

    コアラのガイド。

    コアラDSC_9182

    いつも日曜午後に実施している「ユーカリガイド」に加え、じっくりお話を聞いてもらいました。

     

    キリン裏のバックヤードにもご案内しました。

    北園DSC_3733

    エサの説明や、ロバのブンタの登場、おまけのサプライズも。

     

    カワウソのおやつタイム。

    カワウソDSC_9262

    お客様によるえさやりチャレンジも。うまくいったかな?

     

    フサオマキザルの赤ちゃんたちは良い名前を選んでもらいました。

     名前DSC_9342

    途中で用紙が足りなくなり、追加するハプニングもあり…。

    名前DSC_9292

    集計も大変で、嬉しい悲鳴です。

     

    動物病院は恒例の獣医体験、内容がグレードアップしましたよ。

    病院

     

    他にもたくさんあったのですが、人の写真ばかりになってしまうのでこの辺で…。

     

    大盛況すぎて、一部のイベントで先着順など参加者を限定しなくてはならず、申し訳ありませんでした。

     

    このイベントで、少しでも「飼育」の一端を知っていただけたら嬉しいです。

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年04月11日

    じゅーいのしゅーい#95 雨が降っても反芻

    今日はすごい嵐でしたね。

     

    残念ながらお客様もあまり多くない、午後のふれあい広場。

    ヒツジたちも仕事がなくてヒマそうです。

    DSC02021      

     

    老いも若きも、顔白も顔黒も、みんなせっせと反芻中。

    スーちゃんも。

    DSC02022スー

    へんなかお…。

     

    ルビーも。

    DSC02025

    ニヒルに笑っているのではありません。

    単に、しっかり噛んでいるだけです。

     

    モッチーも。

    DSC02052

    この子はちょっと上品ですね。それにしても、もふもふです。

    右前足がないように見えますが、折りたたんでいるだけです。

     

    そして、気配を感じて振り返ってみると…

    ラマのサニーちゃんも、しっかり反芻していました。

    DSC02046

    DSC02047

    DSC02048

     本当に、よく「横に」動く下あごですよねえ。

    動画でお見せできないのが残念です。

     

    みなさん、ぜひ生で見に来てください。

     

     

    …キリンも反芻しますよ!

    DSC01896圧縮

    (反芻の写真じゃなくてすみません…)

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年04月04日

    じゅーいのしゅーい#94 リオが道産子に?

    2016年8月のオリンピック期間中に生まれた、チャップマンシマウマのリオ。

    生まれたときから足の長い現代っ子でしたが、今やラブママと比べてもこのとおり。

    DSC01233ラブリオ  

    (奥がラブ、手前がリオ)

     

    生まれてすぐはこんなだったのにねえ。

    DSC07478ラブとリオ

     

    そんなリオですが、早々と旅立つ先が決まりました!

    北海道の、おびひろ動物園です。

     

    実際の移動は少し先、2017年の秋頃を予定しています。

     

    目と目の間、左寄りの黒い星も健在!

    DSC01446黒点

     

    背中の「ほやほや毛」がまだコドモの証ですよ~。

    DSC00348リオおしり

     

    お尻の高さはほとんど変わりませんが、少々もふっとしているのがリオです。

    DSC01847左リオ右ラブ

    (左がリオ、右がラブ)

     

    まだ1歳にもならないのにこの立派な成長ぶり。

    旅立つまでに、ぜひ会いに来てくださいね。

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年04月02日

    じゅーいのしゅーい#93 タンタンが水道局とコラボ?

    動物科学資料館の休憩ホールに、巨大タペストリーが出現しました!

    DSC01752タペストリー

    これは神戸市の水道局が「大容量送水管」のPRのために作製し、市役所4号館で展示されていたものです。

     

    巨大な送水管と比較するため、ぜひ動物の等身大写真を一緒に載せたいとの依頼を受け、協力することになりました。

     

    写真のモデルになったのは、ご存じジャイアントパンダの旦旦(タンタン)。

    DSC01752旦旦

     

    前に立つと、送水管の大きさが実感できます。こんなのが地面に埋まっているんですねぇ。

    DSC01750人

     

    5月8日頃まで期間限定で展示しています。みんなも大きさ比べてね!

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年03月24日

    じゅーいのしゅーい#92 休園日のフラたち

    年度末最後の休園日、フラミンゴたちはどうしていたでしょう。

     

    朝のうちひんやりしていた日差しがあたたかくなってきたお昼前。

    清掃後のまだ水の溜まっていないプールで、皆さんおくつろぎ中です。

    DSC01517    

    くちばしを背中につっこんで、1本足で休んでいます。

    これは、羽に覆われていない部分から体温を逃がさないためと言われています。

     

    器用に長い首を曲げて、何が何だか、どこまでが1羽なんだか…。

    DSC01518

     

    さて午後は、新しく水の溜まったプールで盛んに水浴びしていました。

    DSC01575

     

    プールは浅いので、座り込んでばしゃばしゃ。

    DSC01577

     

    まるでハクチョウみたい?でもくちばしの形が違いすぎます。

    SONY DSC

    …くちばしの形は、足の長さとも関係ありそう。

     

    さあ、フラミンゴたちは今年も繁殖シーズンに突入、ペア選びも最終局面です。

    DSC01576

    美しくしなくちゃね!

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年03月08日

    じゅーいのしゅーい#91 だいぶ伸びてきた

    インドクジャクの美しい目玉模様の羽。

    DSC00157圧縮 

    これ、いつでも見られるわけではないことはご存じでしょうか?

     

    そもそも、メスにはありません。

    あくまでもオスがメスにアピールするために必要なのです。

     DSC05329

    (上の2写真で、アピールしまくるオスの前を無造作に歩いているのがメスです)

     

    といっても、オスなら年中あるわけでもなく…。

    そりゃああんな重くて目立って大変なもの、普段?はないほうがいいに決まってますよね。

    なので毎年、繁殖期が終われば、ぜ~んぶ抜け落ちてしまいます。

     

    夏の盛りにはもうこんな感じ。

    DSC00171

    (左がオス、右がメス)

    わずかに残っていますが、最盛期の面影は全くなし。

     

    シロクジャクも…。

    DSC07749

    …ちょっと変わったニワトリみたい。

     

    でもまた春が近づくと、新品の羽が伸びてくるんですよ~。

     

    今、こんな感じです。

    DSC01230

     

    DSC01228

    だいぶ伸びてきましたねえ。でもまだセミロングってとこでしょうか。

     

    残念ながら現在は、鳥インフルエンザ対策のため格子越しでしかご覧いただけません。

     

    過去にそーかつがブログで紹介してくれたような

    http://www.kobe-ojizoo.jp/blog/6804/

    めいっぱい美しい姿になる頃には、鳥インフルエンザも収束していることを祈ります。

     

    本格的な春はすぐそこだと、クジャクたちは知っています!

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年03月01日

    じゅーいのしゅーい#90 首を長くして

    アメリカからキリンのメスが来ました。

    DSC_2538圧縮  

     

    よくぞはるばる来てくれました。長旅どんなに大変だったでしょう。

     

    …このグローバル時代に大げさだと思いますか?

    2日もあれば充分でしょうって?

    ヒトならそうかもしれませんが、キリンだとそうはいかないんですよ!

     

    今回の場合、アメリカでの輸出検疫30日間、日本まで空路で一晩、日本で輸入検疫15日間。

    その後ようやく陸路で王子まで、これも丸一日がかりでした。

     

    着いたのはもうとっぷり暮れる頃…。

    DSC00901圧縮

     

    生まれ故郷を出てからずっとひとりぼっちで、こんなにちびっこいキリンが、よく無事で到着してくれました。

     

    久しぶりのキリンのお兄ちゃんたちだね!

    DSC00930圧縮

    (手前からちびっこキリン、嵐、奥にぼんやりヒメイチ…)

     

    というわけで、大事な大事なキリンです。

    今後ヒメイチや嵐との同居、屋外での公開展示、お名前募集…と計画していますが、様子を見ながら無理せずゆっくり進めていきたいと思います。

     

    皆さまも、もう少し、首を長くしてお待ちくださいね。

    DSC_2539圧縮

     

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2017年01月10日

    じゅーいのしゅーい#89 ヤマちゃん1日欠勤します

    1月12日(木)はアムールトラ(ヤマちゃん)がご覧いただけませんのでお知らせします。

     

    愛くるしいしぐさでファンの多いヤマちゃんももう16歳。

    DSC05117ヤマ

    アムールトラの寿命は15~20歳くらいと言われていますから、もうだいぶいいお年ですね…。

     

    最近、高齢の大型ネコによくあるトラブル「爪がちょっと伸びすぎている状態」になってしまいました。

     

    歩くのも少しつらそうです。

    DSC00122山

     

    そのため、12日に健康診断を兼ねて全身麻酔をかけ、爪を切ることになりました。

     

    麻酔をかけた日は安静のため寝室で過ごしてもらうので、12日は終日ご覧いただけません。

     

    ご迷惑をおかけしますが、麻酔と健康診断が無事終わるようそっと応援していただけるとありがたいです。

    DSC00121山

     

    (亜種メガネダヌキ)

     

  • 2016年12月31日

    じゅーいのしゅーい#88 ヒツジはヒツジ

    12月31日、大晦日ですね。

    でも動物にはネンマツもネンシも関係ありません。

     

    というわけで先日やってきたヒツジたちのその後を紹介します。

     

    新入りサフォーク種のルビー&つくし0歳。

    迎えるのはコリデール種のスーちゃん9歳、モッチー&クッカー1歳。

    品種は違えど同じヒツジですが、さてさて…

     

    はい、なんとスーちゃんいきなりの威嚇。

    ヒツジの武器、頭突きをいきなりお見舞いしようとします。

    DSC09925     

    ス「ここを仕切っているのは私よっ(コムスメには最初が肝心)!」

    ル&つ「あっ…すみません、よろしくお願いします」

     

    でもエサさえあればこのとおり。

    DSC09926

     

    きれいな五角形(笑)

    DSC09931

     

    と安心する間もなく、またまたスーちゃんの頭突き炸裂!

    (実際にはほとんど当たっていなくて、威嚇です)

    DSC09932

    ス「ちょっと!私のエサに何してんの!」

    ル「えっ…」

     

    ルビーとつくしは追い出されてしまいました。

    にらみを利かせるスーちゃんと、知らん顔のモッチー&クッカー。

    DSC09934

    ス「小娘が一緒にエサを食べようなんて100年早いのよ」

    ル「ええーっ」

    つ「なにこのおばちゃん…(小声)」

    モ&ク「…(私たち知~らない)」

     

    ルビーとつくしはすねてしまいました。

    DSC09936

    ル&つ「私たちもう鹿児島に帰りたい…」

     

    この日はだいたいこんな感じでした。

     

    でもご心配なく、数日後にはこのとおり。

    まだ微妙な雰囲気ですが、なんとなく5頭一緒にいます。

    DSC00023

     

    ほら、なんとなく一緒。

    DSC00026

    ス「仕方ないわね、私がまとめないと」

     

    やっぱり同じヒツジ、一緒にいるのが好きなやつらなんですね。

     

    早く皆さまの前で5頭一緒にデビューできるといいな。

     

    (なお、会話はもちろんすべて私のアテレコで、実際彼女らはこんなこと言ってませんのであしからず。初対面のヒツジとしてはごく普通の光景です。)

     

    (亜種メガネダヌキ)