園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2018年02月17日

    カピバラの「なると」訃報

    カピバラの「なると」(オス)が、2月16日に死亡しました。

    7歳でした。
    死因は現在調査中です。
    カピバラの寿命は7~12年と言われています。

     

     

     2016年トワイライトズー
    トワイライトZOOのイベントでスイカを食べる、なると

     

     

    なるとは、2010年にとくしま動物園で生まれ、2012年に王子動物園にやってきました。

    若いころはやんちゃでした。
    年上の「ハク」(メス)と仲良く暮らしていましたが、残念ながら子供が生まれることはありませんでした。

     

     

     IMG_9488
    王子動物園にやってきた日のなると

     

     

    その後、2016年に須坂市動物園から「ちゅら」(メス)がやって来ると、とても相性がよかったようで、2017年に入って次々に子供が生まれました。4月に3つ子が、10月には4つ子が誕生しました。かわいい子供たちにスタッフもお客さんも大喜びでした。

     


     なると&ちゅら
    なると(奥)とちゅら(手前)

     

     三つ子17日目
    昨年5月、元気な3つ子達と(なると:左)

     

     なると&ちゅら&7つ子
    今月2月初め、大家族で日向ぼっこ(なると:手前)

     


    なるとは子供たちの世話も熱心にこなし、総勢9頭の大所帯となった家族の、よきパパでした。
    仲の良い家族の様子で、皆をとても楽しませてくれていました。
    それだけに、突然の悲しいお知らせが残念でなりません。

    これまで応援してくださって、どうもありがとうございました。

    ション

       

     

  • 2018年02月13日

    2月16日(金)カバの展示変更のお知らせ

    カバ舎ではいつも、出目男と、ナミコ&出目丸の親子が、日替わりで交互に屋外プールに出ています。
    今週2月16日(金)は、もともと親子が外の予定なのですが、出目男の歯の検診のため、外に出す時間を次のとおり変更させていただきます。

     

    9:00~14:00頃 出目男
    14:00頃~16:30 ナミコ&出目丸

     

    この日は親子が外にいる様子を見られる時間が短くなります。(14時頃までは室内にいる様子をご覧になれます。)
    診察の都合により予定が変更となる可能性もありますが、ご理解をお願いします。

     


    出目男は歯の咬み合せが悪く歯ぐきがはれてきたので、定期的に口の中の検診をして治療しています。

     

     出目男1
    飼育員が「出目男~」と呼ぶと、ぬーっとやってきて

     

     

     出目男2
    ガバーっと大きな口を開けてくれます。


    口の中を触ってもらうのが好きなようで、もっと触って~、とアピールしてくることもあります。

    出目男のご機嫌次第なので、気分が乗らなければ開けてくれないこともありますが…
    できるだけ毎日治療をするようにしています。

     

    ちょっとぐらい痛くても我慢してくれる出目男は、とてもお利口です。
    がんばって治そな!

     

    このような事情ですので、今後とも予定を変更することがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

    ション

  • 2018年01月23日

    シベリアオオヤマネコの健康診断

    お知らせしていたシベリアオオヤマネコの健康診断&ワクチンが、無事に終了しました。

     

    アルとベルは1年前にラトビアからやって来ました。
    当初はなかなか新しい環境になじんでくれず、飼育員を悩ませたアルとベル。
    今回はうちに来てから初めての健診なので、どうなることかと、少し心配です。

     

     

    まず初日はアル(オス)から

     

     1

    周りがゴソゴソ準備するなか、彼もさぞかし緊張しているだろうと思いきや…?

     

    くつろいでるー。

     

     

     2

    麻酔銃とガスで、無事に麻酔がかかりました。ワクチンを打って、身体測定、血液検査、聴診、触診、口の中の検査など、全身をチェックしていきます。

     

     

     3

    目が覚めたら、スタッフの心配をよそに、何食わぬ感じで寄ってきてくれたアル。
    あまりヘコんでもなさそうで…とりあえずよかった。

     

     

     

    2日目はベル(メス)

     

     4

    慎重派のベルは、もともとあまり動かないタイプですが、不穏な空気を察知して、さらに固まってしまいました。

     

     

     5

    的が動かないと狙いやすいけど、角度がちょっとなぁ。
    といいつつ、獣医が麻酔銃を撃ちます。

     

     

     6

    同じように、全身くまなくチェックします。

     

     

    健康診断の結果、2頭ともまったく問題なしでした。
    アル、ベル、大変だったね。お疲れさまでした。

     

    こんな2頭を、これからも応援よろしくお願いします。

     

    ション