園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2017年07月01日

    資料館だよりNo.47 30周年特別展「動物たちからのメッセージ」がはじまりました!!

    お待たせしました!

    本日より資料館では特別展が始まりました!

     

    Exif_JPEG_PICTURE

     

    今回は資料館開館30周年を記念した

    特別展「動物たちからのメッセージ」です。

     

    南アメリカゾーンからはナマケモノやキムネオオハシが

    Exif_JPEG_PICTURE

     

    北極ゾーンからはホッキョクグマやアザラシが

    Exif_JPEG_PICTURE

     

    他にも地球のあちこちから届いた動物たちのメッセージが満載です。

    ぜひ、見に来てください。

     

     

    どんなメッセージなのか・・・?それは来て見てのお楽しみ。

     

    ぜひ、直接、動物たちからのメッセージを聞きに来て下さい!

     

    ゴリラ、コウノトリ、トラなど、その他たくさんの剥製標本たちも

    見られます。

     

     Exif_JPEG_PICTURE

     ぬいぐるみコーナーも人気です!

     

     

    それでは、ご来館をお待ちしております!

     

     

  • 2017年05月25日

    資料館だよりNo.46 獣医さんのうらばなし「ウンチのうんちく」再募集!

    講演会「獣医さんのうらばなし」5月28日(日)間もなく開催。

    早々にお申込みいただいた方々、ありがとうございます。

    先日募集を締め切らせていただきましたが、実は定員にまだまだ達していません。

     

    そこで、事前に申し込んでいただいた方には申し訳ありませんが、

    当日来園者に向けて参加者を再募集することにいたしました。

    参加希望の方は、事前申し込みはいりません。

    午後1時から受付開始! 動物科学資料館・動物園ホールへお越しください。

    対象は小学生以上です。

    子どもから大人まで楽しめますよ。

     

    いろいろな動物のフン、寄生虫の展示もいたします。

    ただ今、準備中!

    IMG_0306 (1024x768)

      ジャイアントパンダ 回虫

     

    IMG_0308 (1024x768)

    ジャイアントパンダ   フン標本

     

    「ウンチはいやだよ~」と言わず、たくさんの参加待ってまーす。

     

     DSC_0009 (1024x685)

     当日、この方の正体がわかります。

    だれかな?お楽しみに!

     

     

    Norigoriチャン

     

     

     

  • 2017年05月22日

    資料館だよりNo.45 ワークショップ「鳥のモビールをつくろう」を開催しました

    「鳥のモビールをつくろう」
    平成29年5月20日土曜日に
    酉年にちなんだワークショップ第5弾を開催しました。
    H29鳥モビ_HP用
    クジャクとアカツクシガモが空を飛ぶように風に揺れる
    モビールをつくります。

    まずはクジャクとアカツクシガモのお話です。
    クジャクの「おばね」は実は「尾羽」ではなく、
    尾羽の上にかぶさって生える「上尾筒(じょうびとう)」という羽です。
    アカツクシガモは渡り鳥。日本には冬にごくごくまれに飛来することがあります。
    本来であればすむ場所の違う2種類の鳥ですが、王子動物園ではどちらも水禽舎で見られます。
    今回はクジャクとアカツクシガモの本物の羽も使います。

    mobi2
    お話が終わったら、色塗りからスタートです。

    ぬり終わったら切り抜いて…
    mobi3

    テグスの結び目を動かしてバランスを調整します。
    mobi4
    ぶら下げる係と結び目を動かす係で協力。そして・・・

    できた!
    mobi5 mobi6
    mobi7

    クジャクの上尾筒は夏には抜け落ちてしまいます。
    美しく開いた様をご覧になりたいみなさま、今がチャンスです。

    6月には、5月14日に行った「羊の毛刈り」で刈られた羊毛を使ったワークショップを開催します。
    Print
    「羊毛ボールをつくろう」
    平成29年6月10日(土)に開催予定です。

    ご参加お待ちしております。

  • 2017年05月07日

    資料館だよりNo.44 「獣医さんのうらばなし」5月28日開催~参加者募集中~

    いつもは「飼育係のうらばなし」というタイトルで講演会を開催していましたが、

    今回は「獣医さんのうらばなし」ということで、ベテランの獣医さんの登場です。

     

     

    じゃーん!

    DSC_0009 (1024x685)

    今回のテーマはなんと「ウンチ!」 

     

    動物たちの健康管理には欠かせない大事なウンチ。

    ウンチを侮ってはいけません。

     

    わたしが「ウンチのうんちく」語ります。

    DSC_0001 (1024x686)

    左 パンダのウンチ  右ゾウのうんち (乾燥標本)

     

    ウンチと言っても奥が深い。

    DSC_0006 (1024x685)

    ウ~ン・・・寄生虫についても語りたい。

    先生、ただ今、準備中。

     

    5月28日(日)13:30~14:30 動物園ホールにて開催です。

    詳細・申込はHPよりどうぞ!

    H29うんちく

     

    Norigoriチャン

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2017年05月03日

    資料館だよりNo.43 ワークショップ「ぱたぱた鳥をつくろう」を開催しました

    Print
    「ぱたぱた鳥をつくろう」
    平成29年4月15日土曜日に
    酉年にちなんだワークショップ第4弾を開催しました。

    細さの違うストロー2本を組み合わせ、
    翼がぱたぱたと動くニジキジをつくります。

    pata2
    まずはニジキジのお話です。
    ヒマラヤの高地で暮らすニジキジは、夏には標高3,300~4,750mの場所ですごします。
    ちなみに富士山の標高は約3,776m。富士山よりも高いところに住んでいるんですね!

    pata3
    お話が終わったら、色塗りからスタートです。

    ぬり終わったら切り抜いて…
    pata4

    ストロー2本を組み合わせて、「ぱたぱた」させます。
    pata5
    うまく組み立てられるかな?
    そして…

    pata6
    できた!

    ニジキジのオスは美しい青い色の羽をもっていますが、
    首のあたりの羽は日の光を受けるとオレンジや緑色の金属のようにきらきらと光ります。
    今回はオスの羽の色で作りましたが、ぜひメスのニジキジにも会いに来てください。

    そして・・・5月には酉年にちなんだワークショップ第5弾を開催します。
    H29鳥モビ_HP用
    「鳥のモビールをつくろう」
    平成29年5月20日(土)に開催予定です。
    水禽舎にいるクジャクとアカツクシガモをモチーフに、風に揺れるモビールをつくります。

    GW中も、終わっても、週末は王子動物園へどうぞ!ご参加お待ちしております。

  • 2017年04月28日

    資料館だよりNO.42 ジャガー「ローラ」とユキヒョウ「ティアン」がはく製になってよみがえる!

    今年は動物l科学資料館30周年事業としてはく製展示室が完成し、3月19日よりはく製展「王子動物園で活躍した動物たち」を開催しております。

     

    DSC_0016 (800x513)

     

    左から チンパジー「チェリー」、グレビーシマウマ「はや吉」、ジャガー「ローラ」、ホッキョクグマ「キタオ」、ユキヒョウ「ティアン」、アムールトラ「サーナ」、ニシローランドゴリラ「ザーク」

     

    この度、昨年亡くなったジャガー「ローラ」とユキヒョウ「ティアン」とが新たに加わり、はく製展示室も満席となりました。

     

    DSC_0006 (800x451)

    ジャガーの「ローラ」、人なつっこくて、人気者だったね。

     

     

    DSC_0012 (800x523)、」

    ユキヒョウの「ティアン」、ふさふさしっぽはそのまま。

     

    ここに展示したはく製たちは、野生での数も減り、貴重な動物たち。

    本当は、はく製ではなく生きた動物の姿をいつまでも見ることができますように祈っています。

     

     

    Norigoriチャン

  • 2017年03月28日

    資料館だよりNo.42 ワークショップ「たまごとユーカリでポプリをつくろう」を開催しました

    H28蝋燭_hp掲載用
    「たまごとユーカリでポプリをつくろう」
    平成29年3月11日土曜日に
    酉年にちなんだワークショップ第3弾を開催しました。

    Exif_JPEG_PICTURE
    使用したのはふれあいコーナーで産まれたアヒルの卵(無精卵)の殻。
    まずはユーカリの葉をたまごの殻に詰めます。
    ユーカリオイルのさわやかな香りが!種類によってにおいも少し違います。

    Exif_JPEG_PICTURE
    葉を入れたら、出てこないようにチュールでふたをします。

    Exif_JPEG_PICTURE
    最後は飾りつけ。
    マスキングテープやシールを貼ったり、油性ペンで自由にお絵かき。
    そして・・・

    Exif_JPEG_PICTURE

    Exif_JPEG_PICTURE
    できた!

    中身を抜いた卵の殻はとても繊細。
    壊れないように持って帰れたでしょうか?
    たくさんのご参加ありがとうございました!

    そして・・・4月には酉年にちなんだワークショップ第4弾を開催します。
    Print
    「ぱたぱた鳥をつくろう」
    平成29年4月15日(土)に開催予定です。
    ニジキジをモチーフに、翼をぱたぱた動かせる紙の鳥をつくります。

    ニジキジ。見たことありますか?
    ぜひ王子動物園に会いに来てください!
    ご参加お待ちしております。

  • 2017年03月12日

    資料館だよりNo.41 講演会「村田教授王子動物園を語る」募集延長します!

    動物科学資料館30周年記念講演会「村田教授 王子動物園を語る」の募集延長いたします。

    もう申し込んでいただいたという方、ご応募ありがとうございました。

    ぼちぼちお返事が届いているかと思います。

    募集人数に達しませんでしので、締切をHpから応募する方は3月16日(木)、はがきで応募する方は3月15日(水)(消印有効)に延長いたしました。

    知らなかったという方、間近になってしまいましたがまだ間にあいますよ。

    急いで動物園ホームページをご覧の上、お申込みお願いします。

     

    私(Norigori)も昔からの村田先生のファンでとても楽しみにしております。

     

    20170312150950660_0001

     

    Norigoriチャン

     

     

     

  • 2017年03月04日

    資料館だよりNo.40 3月19日(日)    「村田教授」講演会 参加者募集中!

    動物科学資料館は今年、30周年を迎えます。

    そこで、3月19日(日)記念講演会を実施することになりました。

     

    日本大学生物資源科学部の教授、村田先生を講師にお招きし、

    「村田教授 王子動物園を語る」というタイトルで開催いたします。

     

    1 (600x800)

     

     

    村田先生はよこはま動物園ズーラシアの園長でもありますが、

    実は1979年~2001年の22年間、獣医師として王子動物園に勤務して

    おられました。

    だから、先生にとって王子は思い出がいっぱい詰まった動物園であり、

    いろいろな意味で先生の原点になっている場ではないかと思われます。

     

    先生は獣医師、飼育係の仕事のみならず、動物科学資料館の

    計画段階からオープンまで精力的に取り組まれてこられました。

    そんな先生に資料館誕生秘話、動物園の思い出話などを熱く

    語っていただきます。

     

    申込はHP をご覧ください。

    募集締切は3月8日(水)です。お急ぎください。

     

     

    Norigoriチャン

     

  • 2017年02月12日

    資料館だより №39 ワークショップ「タマゴキャンドルをつくろう」を開催しました

    寒い日が続きますね。
    朝は晴れていても日中雪がちらつくこともしばしば。
    なかなか外に出るには気が進まない時期ではありますが、資料館では楽しいイベントを開催しました。


    Print
    「タマゴキャンドルをつくろう!」
    平成29年2月11日土曜日
    酉年にちなんだワークショップ第2弾です。

    Exif_JPEG_PICTURE
    満席40名の方にご参加いただき、大変にぎやかに開催できました。
    寒い中ありがとうございます!

    使用したのはふれあいコーナーで産まれたアヒルの卵(無精卵)の殻。
    まずは飾りつけです。
    candle5
    食紅で染め、細かく砕いた卵の殻をボンドで貼り付けます。
    みなさん、真剣。

    飾りつけが済んだら、黄身に見立てた黄色い蝋を注ぎます。
    candle3
    熱いから気をつけて!うまくできるかな。

    蝋が冷えて固まったら完成!
    バレンタインにもピッタリ。ロマンチックな夜がすごせそうですね。
    candle4
    ※火の扱いには十分お気をつけください

    たくさんのご参加ありがとうございました!
    そして…3月には酉年にちなんだワークショップ第3弾を開催します。
    H28蝋燭_hp掲載用
    「タマゴとユーカリでポプリをつくろう」
    平成29年3月11日(土)に開催予定です。
    ただいまスタッフが準備中!せっせと卵の殻を干しています。

    ご参加お待ちしております!