園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2015年12月17日

    ラッピング列車登場

     

    ただいま王子動物園の最寄駅である阪急電鉄で

    王子動物園をあしらったラッピング電車が運行しています

     

     

     ラッピング

     

    神戸三宮方面から3両目に神戸市生まれのイラストレーター

    わたせせいぞう氏により王子動物園の入園ゲートが描かれています

     

     

     中吊り

     

    少し見にくいですが電車の中刷りにも掲出されています

     

    残念ながら1列車のみなのでみかけた方はラッキーかも

    なお、このラッピング電車の愛称も募集していますので

    詳しくは阪急電鉄HPでご確認ください

     

                         Aちゃん

  • 2015年12月16日

    えんちょうさんぽ50 動物サポーターⅠ

     王子動物園にはサポーター制度あり、運営面でご支援をいただいていています。

    園内には、団体・企業のご支援を頂戴しているサポーターの看板があります。

    どんなところにあるのでしょうか。

     

     動物と企業名がばっちりの看板は

     

    DSC02225

     

     ジャガーの展示場にあるミシンと車の会社です。

     

    DSC02226

     

      

     大きな目と270度回る首で見張るホンドフクロウは警備会社です。

     

    DSC02222

     

     

     すこし、ひねっていて面白いものが大アリクイの展示場にあります。

     

    DSC02217

     

     

     一番人気のジャイアントには2社にご支援いただいています。

     

    DSC02228DSC02230

     

     

      もっとも過密な設置場所は家族連れに人気のある動物とこどもの国のふれあい広場

     

    DSC02223

     

     

     現在、50社、53か所の看板設置をさせてもらっています。ご協力に深く感謝いたします。

     動物にも人にもやさしい動物園をつくるため、いただいたご寄附は獣舎整備や飼育管理などに使わさせていただいております。

     入会方法など詳しくはHPのサポーターのコーナーをご覧になるか動物園にお問い合わせください。

     

     

     

     

     

     

     

  • 2015年12月13日

    じゅーいのしゅーい#50 サクラにさよならを

    昨日、ゴリラのサクラが亡くなりました。

     

    ヤマトの移動前から、少し食欲が落ちるなど異変はありました。

    京都への移動は延期し、療養に専念していました。

     

    快復に近づいた頃もありましたが、完全にはもとの状態に戻らず、徐々に体力の落ちるサクラの様子を見ていると、本当に無力だと痛感しました。

     

    ヤマトについで、サクラまでもこのようにして失ってしまうとは。

     

    応援してくださっていたみなさまには、なんと申し上げてよいかわかりません。

     

    ごめんなさい。

    私もまだ、サクラにさよならを言う覚悟ができていません。

     

    DSC00019サクラ

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2015年12月10日

    スマホサイトができました!

    いつも当園ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

     

    本日スマートフォン用のサイトを開設いたしました(*゜▽゜ノノ☆パチパチ

     

    これまではパソコン用の画面のみで、スマートフォンでは非常に見にくくご不便をおかけしておりました。

     

     

    これはパソコン用の画面です。

     

    新しい画像

     

     

    スマートフォン用の画面

     

    IMG_2317

    IMG_2318

     

     

    これまではスマートフォンが見にくいのでパソコンで見ていたという方も、一度お持ちの携帯電話でご覧ください!

     

    「動物のお食事タイム」や「おすすめコース」など、園内でも確認しながら楽しんでいただければと思います(^^♪

  • 2015年12月06日

    セツビのセ No.43 気になるよねえ

          

    受変電設備改修工事も大詰めです。

    12/2は第2キュービクル(エミューの横)への高圧電線の保護カバー装着です。

    保護カバーは電線が木の枝などとこすれないようにするもの。

     

    DSC00988

     

    高所作業車で紅葉の中、北側装着しました。

     

    DSC01002

     

    装着後の南側。

     

     DSC01001

     

    高所作業車を移動させるとき、カンガルーの影が長~くなっていましたよ。

     

    DSC00985

     

    これは放養式動物舎(類人猿、サル)の屋根。

     

    DSC00973

     

    一部防水補修の下見をしました。

     

     DSC00968

     

    後ろを振り向くとユキさん、リノさん、イクちゃんがじ~っとこっちを見ていました。

    何してるか気になるよねえ。

     

    DSC01007

     

    ZiZi1

  • 2015年12月05日

    お宝、発見 【カバのスキンケア】

    カバ親子6524 

     

    赤ちゃん誕生で、1ヵ月ぶりに屋外へ出て、

    地肌にピンク色が目立ちます。

     

     

     水上顔9131

     

    カバは、日除けや虫除けに役立つ毛が少ないので、

    体を水中に沈めて、地肌を守っています。

     

     

     カバ皮膚 9146

     

    カバ独特のお宝スキンケア、「赤い汗」を探してみました。

    地肌に小さな斑点がいっぱい付いていました。

     

     

     カバ皮膚アップ 9145

     

    斑点の色は茶色のような赤いような。

    分泌液の赤とオレンジの色素を解明した橋本貴美子博士は、

    無色から赤く色づき、茶色に変色してしまうと報告しています。

    これらの色素が有害な紫外線を吸収し、抗菌性を示すと明ら

    かされたことも知り、驚きのお宝発見ができました。

     

     

    (なんの専門)

  • 2015年11月30日

    じゅーいのしゅーい#49 みゆき25歳

    ホッキョクグマのみゆき、今日は25歳のお誕生日に飼育係の特製ケーキをプレゼントすることになりました。

     

    ケーキと言いながら、土台はいつもの食パン。でも2段重ねです。

    DSC02398           

     

    そこへ生クリームをコーティング。

     DSC02402

    おなかをこわすのでは…と心配になり、じゅーいは「薄く塗ってね」「正面から見えるとこだけで」と、お祝いムードに水を差します。

     

    しかし結局、

     DSC02417

    どっさりフルーツにチョコペンの似顔絵つき、超豪華ケーキ!

    余ったホイップも結局は素敵なデコレーションに。うう。

     

    まあ、フルーツと言いながら、ふだん食べないナスやキュウリを彩りに追加しているので、その分ヘルシーかと思うことに…。

     

    さて、急なことでアナウンスもあまりできませんでしたが、たくさんのお客様が集まってくださいました。

     DSC02420

     

    慎重に場所を決めて、ケーキをセッティング。

     DSC02423

     

    あっ、じゅーいのむなしい抵抗「クリームは正面だけ」が横からだと丸見え…。

     DSC02425

     

    さて、セッティングできたら飼育係は一旦退散し、みゆきの登場です(飼育係が残っていては、ケーキと一緒にみゆきへのプレゼントになってしまいます。危険!)。

     

    あれ…?

    DSC02431DSC02436

    なんとみゆき、最初はケーキ(矢印)に気づかず素通り。

    雪山にかき氷シロップで書いた『みゆき25』の方が気になったようです。

     

    なんとか気づいてくれました。

     DSC02441

    もう視線はくぎ付けです。

     

    最初は上品にぺろぺろクリームをなめていましたが、

     DSC02444

    徐々に本気モードになり…

     DSC02450

    みゆき、すごい顔になってるよ~

     DSC02454DSC02458

     

    はい、跡形もなく一気食い。ごちそうさま。

     DSC02479

    名残惜しげに最後までぺろぺろ。

    結局キュウリとか、全然気にせず完食したのね。

     

     DSC02483

    …おいしかった?

     

    ホッキョクグマで25歳はそこそこのお年(寿命は30年程度と言われています)。

    みゆき、これからも元気で。

     

    …今日は夜ごはん控えめにね!

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2015年11月28日

    フラミンゴのパンチ  ~その後~

    以前ブログで、足が開いて起立困難になり、治療を続けてきた

    フラミンゴのパンチを紹介しました。

    パンチは昨年の8月に親から取り上げて、ゴムやスポンジによる足の

    矯正を試みてきましたが、改善されませんでした。

    このままでは、歩けなくなってしまうので、人用の装具を作製している

    川村義肢株式会社に相談をもちかけ、パンチの足の装具を作製して

    もらうことになりました。

    10月からは、ずっとその装具を付けたまま生活してきました。

    少しずつですが、確実に足がまっすぐ伸び始め、今年の7月4日、

    約1年間かかりましたが、やっと装具を外す日がきました。

    ついに装具なしで走り回ることができるようになったのです。

    そんなパンチの一年を写真で振り返ってみようと思います。

     CIMG7943

     2014年8月21日 開脚により起立困難となる

     治療のため親から取り上げて人工育雛に切り替える

     DSC_0105

     自分で餌を食べられないため強制給餌を行う

     CIMG7982

     9月7日さらに足が曲り、踵の関節がクロスしてしまう

     CIMG8174

     スポンジと髪止めで矯正を行うが現状維持が精一杯

     7

     川村義肢株式会社に製作していただいた装具で、楽に歩行できるようになる

    まがってた足も、少しずつ伸び始めました。

     骨折

    2015年1月下旬に、今度は足の指を骨折してしまいました。

     骨折

    レントゲン写真

    DSC_6728 (2)

    それからは、足の裏にスポンジを貼りつけて、骨折部位を固定し、治療を続けてきました。

     時間がかかりましたが、5月7日には、足裏のスポンジも取ることが出来ました。

    DSC_1690

    それからは、成長も早く、ベニイロの羽も生え始めました。

    脚も完全と言っていいほどまっすぐになってきました。

     DSC_1720

    2015年7月4日 ついに装具を外す日がきました。

     装具に頼ることなく歩けるのか、また脚が開いてしまわないか

    心配でした。

    装具をはずした直後は、ふらふらしたり、

    脚が震えたりしていましたが、

    その日の夕方には、脚の震えもおさまり、

    スムーズに歩けるようになりました。

     IMGP4742

    今まではプールのない隔離室での生活でしたが、

    この日からプールのある部屋に移動しました。

    そこには、パンチと同じように足の悪いオシドリのたーちゃんと、

    カモのケイちゃんがいます。

    パンチは、たーちゃんとケイちゃん用の餌を食べてしまったり

    好き勝手していますが、特に大きな喧嘩もなく現在も同居しています。

    パンチ散歩

    日光浴と運動を兼ねて1日15分くらい園内を散歩させています。

     パンチ飛ぶ

      外に出るのが大好きで、羽ばたいて走りまわります。

    いずれはパンチを群れに戻したいので、

    フラミンゴ舎まで散歩に連れて行き柵越しに

    お見合いをさせています。

    DSC_0482

    スタッフと一緒にフラミンゴを見るパンチ

    最初はパンチも嫌がったり群れも逃げたりしていましたが、今はお互い慣れてきたのか落ち着いています。

     パンチの治療にあたり、川村義肢株式会社の皆様にも、

    当園の獣医にも、何人もの若い飼育スタッフにも、

    なによりも応援していただいた入園者の皆様に感謝いたします。

    ありがとうございました!(^^)!

     

    これで、ホッと一息と思いきや

    今年も脚の悪いフラミンゴの赤ちゃんが・・・

    ウメちゃん

     ウメちゃんといいます。応援してくださいね

     そーかつ☆

  • 2015年11月27日

    資料館だよりNO.19 干支展「くらべてみよう人とサル」 ただ今準備中

    来年の干支「申」にちなんで12月1日から

    干支展「くらべてみよう人とサル」が始まります。

    現在、急ピッチで準備中。

     

    資料館スタッフは全力でがんばっています。間に合うかな~

     

    DSC_0064

     

     

    今回のメイン展示は「温泉につかるニホンザル」の顔出し。

    製作過程をちょっとお見せします。

     

    DSC_0063

     

    まず、パソコンでデザインを製作。

     

     

     

     DSC_0053

     

    できあがりの縮小模型を作って、調整。

     

     

    DSC_0061

     

    顔出しの実寸を紙で作って、大きさなど調整。

     

     

    DSC_0068

     

    業者さんに造作を委託し、できあがり。

     

    じゃーん!

    DSC_0083

     

    「なかなかいい感じでごザル」とスタッフが試す。

     長野県地獄谷温泉のサルと一緒に温泉につかって

    いる写真がとれます。

    おひとり様から三名様まで入浴(撮影)可能でごザル

     

     

    それからもうひとつ顔出しを紹介

     

    DSC_0074

     

    「みんな友だち」というタイトルで人もサルのなかまだよ

    ということを感じてもらいたいな~。

     

    顔出写真はぜひ年賀状に使っていただきたいです。

     

    さらにいろいろサルの標本もたくさん展示します。

     

    DSC_0067

     

     わたしたち人にもっとも近い動物サルについて

    楽しみながら学べる干支展をお楽しみに。

     

    Norigoriチャン

     

     

     

  • 2015年11月22日

    セツビのセ No.42 気づきましたあ?

     

    パンダ館の室内展示場には健康管理のために体重計があります。

    朝は8:00頃、夕方は15:00頃に測定しています。

    お客様からも見えるようになっています。

     

    DSC00957

     

    DSC00880

     

    体重計は精密機械のため、悪戯されないように、木枠をつけています。

    木枠はもちろん腐りにくいようにヒノキを使用しています。

     それでも、パンダの爪、歯と水による腐食にはかないません。

     

    DSC00874

     

    木枠の裏側はこちら。

    ステンレスの枠で固定。

     

    DSC00872

     

    木枠を取った体重計はこちら(汚れたままでごめんなさい)

     

    DSC00878

     

    そのため数年毎に木枠を取り替えています。

     今回は11/11に新しいものに取り替えてきれいになりました。

     

    DSC00891

     

    気づきましたあ?

     

    ZiZi1号

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031