園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2021年01月12日

    資料館レポ No.1 開園70周年記念特別展示「はく製になった動物たち」~ホッキョクグマ編~

     今回は初代ホッキョクグマのキタオ(オス)を紹介します。

     

    立ち上がった姿のキタオのはく製は、

    間近で見ると一層大きく感じます。

     

    ①キョクグマはく製

     

     

    キタオは1969年、旧ソ連のモスクワから羽田経由で、メスのキタコと一緒に神戸にやってきました。

    来園時は5か月で、体長1mとまだ幼く、かわいかった2頭。

     

    ②ホッキョクグマ088

      

     

    ③ホッキョクグマ089

     

    最初は猛獣舎に仮住まいでしたが、

    1970年、新しい獣舎(現在の北園)へ引越しました。

     

    ④ホッキョクグマ

     

    ⑤ホッキョクグマ

     

     

     

     

    新居は、飛び込み台付きのプールで、水深も1.7メートルと深い。

    ここで、2頭はのびのびと暮らし始めました。 

     

    ⑥ホッキョクグマ092

     

     雪が積もって楽しそうな貴重な2頭の写真を見つけました。

    (亀井一成氏撮影)

     

     

     2頭はとても仲良く、

    来園者を楽しませてくれました。

     

     

    ⑦旧ホッキョクグマ3亀井

     

     ⑧ホッキョクグマ小アルバム

      

    そして、2頭とも長生きしましたが、

    1990年、キタオが21歳で亡くなった後、キタコも翌年、後を追うように亡くなりました。

     

     

    はく製になってからも地球温暖化を訴えた特別展などで活躍してくれています。

     

    ⑨DSC_0030

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    Norigoriチャン