園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2021年09月03日

    資料館レポ11 夏休み動物のからだ探検隊開催

    年もコロナ禍で、大人数で行われる教室、イベントは中止になりましたが、コロナ禍でもなんとか教室が行えないかと、少人数の教室を開催いたしました。

    この教室は2回目で、動物園教育、環境教育の研究者である松本朱実先生(近畿大学)にご協力いただき、教室のプログラムをデザインし実施しています。

    資料館にあるいろいろな標本を利用し、参加者が自ら探求して学ぶことを目標にしています。

    今回は「焼き鳥から見えてくる鳥のひみつ」をテーマに、小学校4年生から6年生の8名の方に参加していただきました。。

     

    まずは焼き鳥を食べて?もらおうと、紙で作った焼き鳥を配り、

    焼き鳥

     

     

     

     

        

     

     

    配られた焼き鳥の部位をあてるクイズから

     無題

     

     

     

     

     

    みんな緊張気味。手羽先、手羽元、むね肉、もも肉、いつもニワトリのどこを食べているかわかるかな? クイズは意に反していまいちもりあがりませんでした。 :cry:   

    3クイズ焼き鳥配布

     

     

     

     

     

     

     

     

    さて、次は骨ならべ。ニワトリの手羽元、手羽先、骨はどうなっているのかな。


    資料館職員が作ったニワトリのつばさの標本をならべてもらいました。当然、周りの肉は無駄にせず職員がいただきました。うーん、翼の先の方がむずかしな~自ら考えることを大切にしている教室。まちがってもいいので、楽しんで並べてもらいました。

    13骨ならべ2

     

     

     

     

     

     

     

     ヒトと比べるとわかりやすい。小型の人骨模型は結構役に立ちます。 鳥って、指が3本しかなかったんだ。 発見しましたね。

    無題2

      

     

     

     

     

     

     

    次は動物園にいる鳥の骨ならべだよ。

    タンチョウは大きいけど、ニワトリとよくにているので簡単にならべることができました。すばらしい :-P  

    9タンチョウ骨ならべ2

     

     

     

     

     

     

     フラミンゴも見てみようか。やはりニワトリとにているね。

    12フラミンゴ骨ならべ

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    次は生きたニワトリを観察しよう。

    いつもはふれあいコーナーで、ふれあいスタッフとともに資料館まで出張してくれました。

    名古屋種のなごやんくんはみんなにに翼を見せてくれました。

    19ニワトリの翼

     

     

     

     

     

     

     

    カツラチャボのりんごちゃんは飛べるかな?の実験に協力。

    生きたニワトリを、間近に観察できました。

    22ニワトリとぶかな

     

     

    次は飛べる鳥の翼のはく製を観察。

    先ほど並べたフラミンゴの骨を翼にあてて、納得する子どもたち。

     28フラミンゴ羽観察cut

     

     

     

     

     

     

      

    シロフクロウの羽の先に注目していた方もいました

    26フクロウ羽観察cut

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最後に当園最大級の鳥の骨格標本、ダチョウ。ダチョウのムネの骨には出っ張りがないことに気づきました。

    30とべない鳥ダチョウの骨観察

     

     

     

     

     

     

     

     

    参加者の皆さんは最初は緊張気味だったけれど、終わるころにはいろいろな発見をしたことを目を輝かせながら、語ってくれました。

    鳥はなぜとべるのかを発表し、意見を共有し合いました。

    松本先生(右)、いろいろご協力ありがとうございました。

    33発表鳥なぜ飛べるのか2

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     今回はニワトリの骨格から鳥の飛べるひみつをさぐるとともに、食としてのニワトリの存在を自然とどうつながっているのかを考えてもらうことも目標としていました。

    目標を達成できたかどうかを評価し、次につなげていきたいと思います。

      Norigoriチャン