園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2017年03月10日

    えんちょうさんぽ79 「高齢動物のケア」

           

     野生と違い、栄養や健康管理、外敵がいないなど動物園では長生きする動物が多いのですが、そのケアは動物によって違いがあります。獣医は工夫をし、手間をかけケアをしていますが、オオアリクイのグァポもその例です。

     寿命が16年といわれており、グァポは1996年3月生まれの21歳、長生きです。

     

    DSC03251

     

     毎日、床ずれの治療に動物病院の獣医が朝9時ころ往診に来ます。いつもは寝ていて寝ぼけている間に治療を済ませるのですが、今日は私が撮影に入ったので、起きてしまいました。

     

    DSC03264DSC03266

     

    DSC03258

     

     両前足外側に床ずれが原因と思われる傷があり、高齢で毛も少なくなり、傷の治りも遅くなっているようで、毎日治療しても完治は難しいようです。これ以上悪化しないよう、また、生活に支障がないよう最善を尽くしています。

     

    DSC03259

     

    まずは傷口の洗浄です。

     

    DSC03269

     

    次にヨード剤入り軟膏をつけて、傷口をカバーします。

     

    DSC03273

     

    クッション材をまいて包帯処理します。

     

    DSC03274

     

    後ろ足にも傷があり、特注のサポーターで保護しています。

     

    DSC03270

     

    治療の後はお楽しみのお食事です。

     

    DSC03279

     

    レシピです。

     

    DSC03254

     

     野生ではアリ塚を強力な前足で壊して、60cmもある長い舌を使って、アリを食べるのですが、動物園ではその代わりとして、ヨーグルトや鶏肉ミンチを与えています。

     アリと蟻酸に近い味、食感を出すようにしています。また、運動不足、高齢対策としてカルシウムも添加補助しています。

     

    DSC03185

    昼間に飼育員が運動場に入ってケア

     

     動物園動物は動物園が生活の場所 

    動物の生活の質を考え、少しでも長生きして元気な姿をお客さんに見ていただけるよう

    飼育ケアや獣医療は大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

  • 2017年02月16日

    えんちょうさんぽ78 「売れ筋商品」

    DSC03190 

     

     動物園に来たなら、お土産にグッズやお菓子を買って帰りたくなるものですが、今回は、王子動物園のショップをご紹介しましょう。パンダプラザは入園ゲート入って右のゾウ舎南側にあります。

     

    DSC03191

     

     大きなパンダのぬいぐるみが目印です。これは売り物ではありません。

     なお、もう1軒、遊園地の中にこどもプラザもあります。

     

    DSC03192

     

     お土産に人気なのはやはり、ぬいぐるみ  王子に来たならとやはり売れ筋はパンダ

     中でもたれ目がかわいい小ぶりなぬいぐるみが人気NO1(1,160円)

     

    DSC03195

     

     他にも、レッサーパンダや(2,050円)コアラ(右3,890円、左1,490円)のぬいぐるみも人気です。

     

    DSC03194DSC03196

     

     お菓子では何が売れ筋でしょうか。

     王子では長年、定番の「パンダサブレ」  10枚入り490円、6枚入り270円とお求めやすさも選ばれる理由でしょう。

     

    DSC03197

     

     売上NO1は「オリジナルバームクーヘン」(12個入り 600円)箱もかわいらしいパンダデザインです。

     

    DSC03198

     

    「パンダさんコアラさんプリントクッキー」も新商品で人気があります。24枚入り980円、12枚入り550円

     

     

           DSC03200  

      

     次にオリジナルグッズを見ていきましょう。

    嵩ばらず、多くの人にお土産を送る場合はパンダとコアラのフェイスタオルが最適です。1枚440円

     

    DSC03202DSC03203

     

      ここだけ「アニマルストラップ」は17種類あり、売れ筋用品です。1本440円

     

    DSC03205

     

      やはりここでも人気はパンダ

     

    DSC03206

     

     「オリジナルキラキラミラーストラップ」(540円)は女の子に大人気です。

     

    DSC03204

     

     かぶり物も多く揃えています。人気なのが「ふわふわアニマル帽子」1個1,080円

     

       DSC03207

     

     また、動物園を歩き回り、少し休憩したいときには、入れたてのホットコーヒー(200円より)がセルフで飲めます。

     

    DSC03208

     

     動物園にお越しの際はぜひショップの方にもお立ち寄りください。

     

  • 2017年02月01日

    えんちょうさんぽ77 水禽舎のようす

      高病原性鳥インフルエンザが国内各地で発生しており、動物園でも被害に遭ったところがありました。

     

    DSC03176

     

     王子動物園も警戒レベルを上げ、対策を強化しています。来園者の皆さんには入園時の消毒や一部観覧制限をさせていただいてますので、ご迷惑・ご不便をおかけしております。

     

    DSC03173

     

     さて、鳥の様子を中に入って観ることができると好評の水禽舎ですが、現在、内部への入場は制限しています。それを知ってか、鳥たちは観覧テラスを我が物顔で散歩しています。インドクジャクは羽根を伸ばして(広げて?)くつろいでいる様子でした。

     

    DSC03180

     

     でも、早く鳥インフルが終息して、園内の鳥たちが安全、安心できるよう また、テラスに入場していただけるよう願っています。

  • 2017年01月14日

    えんちょうさんぽ76 動物園を考えるⅣ

        今回は動物園の運営、収支について考えたいと思います。

     公立の動物園の多くは社会教育施設として、たくさんの人に利用してもらい、生きている動物を通じて、自然環境や命の大切さなど学ぶことを目的に存在しています。したがって、王子動物園の場合も民間などに比べ、リーズナブルな入園料で運営しており、かつ子供や県内在住の高齢者は減免してます。

     自治体財政が厳しい現状の中、施設の老朽化への対応や新たな動物展示など困難な課題も克服しなければなりません。

     

     DSC03157

     

     まず、収入ですが、主な収入源は入園料、駐車場、遊園地・レストラン等の施設使用料です。

     ざっくりと 入園料が3億円、駐車場収入1億円、その他で1億円の計5億円です。

     

    大人入園料比較

      ① 公立動物園

         王子動物園  600円

         天王寺動物園 500円

         京都市動物園 600円

      ② 民間動物園

        アドベンチャーワールド 4,100円

        神戸どうぶつ王国    1,500円

        姫路セントラルパーク  3,100円

      ③ 水族園

        海遊館   2,000円

        須磨水族園 1,300円

        鳥羽水族館 2,500円

     

     支出は約7億円ほどで、そのほとんどは動物のエサ代、水光熱費、施設の維持・補修など動物飼育関連の費用で7~8割を占めています。

     支出から収入を引いた2億円が市税からということになりますが、これには直営職員の人件費が含まれていませんので、それらを含めれば、5~6億円ということになります。

      今後も、王子動物園が持続して発展していくためには、必要な投資と収益性を合わせて考えていく必要があります。

      

      DSC03158

     

     地域で愛され、親しまれ、65年経ちました。これからの人口減少、少子化時代にも引き続き「行きたい動物園」になるために様々な検討と努力が必要になってきています。

     

     

     

  • 2016年12月24日

    えんちょうさんぽ75 「私もお手伝いするゾウ」

      

    落ち葉がたまり、掃除も大変です。獣舎の中の掃除は飼育員の仕事なので、手すりの中の落ち葉の掃除をしています。

     

    DSC03134

     

    それを見ていた(?)ズゼはいつもお世話になっている飼育員さんのために私も協力するわ 

     

    DSC03130

     

     と モートの中の落ち葉を鼻息で集めて、鼻で巻き上げました。

     

    DSC03131

     

     最後は口へ

     

    DSC03133

     

     食べたかったんか

     

  • 2016年12月08日

    えんちょうさんぽ74 「もちつき大会」

        灘区で62年も続いているもちつき大会があります。今日は天気にもめぐまれ、日本の文化に触れようと留学生も参加して行われました。

     

     DSC03101

     

     かつては動物園内で実施していた時期もあったそうですが、今は入園ゲート前の駐車場で行われています。灘区は神戸の中でも特に地域のまとまり、活気がある地域力の高い街です。

     

     DSC03097

     DSC03106

     

     保育園児が1000人ほど集まり、餅つきや出来立てのきなこ餅をおいしそうに食べていました。

     

     DSC03107

    DSC03114

     

     おもちを食べた後は、お楽しみの動物園見学です。

     

     DSC03113

     

     白バイ、パトカーや消防車も止めてあり、体験乗車もさせてもらえるようです。

     

    DSC03102DSC03104DSC03112

     

     

     

  • 2016年12月01日

    えんちょうさんぽ73 動物園を考えるⅢ

      王子動物園で展示してきた動物数は過去どのように推移してきたのでしょうか。

     

    飼育動物数の推移              
    年度 哺乳類 鳥類 は中類 両生類 合計
    種類数 点数 種類数 点数 種類数 点数 種類数 点数 種類数 点数
    1950 22 61 21 106 3 12     46 179
    1955 42 201 60 195 10 71     112 467
    1960 58 182 75 294 13 170     146 646
    1965 51 137 90 299 9 65     152 501
    1970 74 213 88 356 8 51     170 620
    1975 69 245 132 582 13 126     214 953
    1980 71 329 118 575 15 105     204 1009
    1985 69 281 107 502 10 100 1 2 187 885
    1990 59 399 101 626 12 88 1 8 173 1121
    1995 77 440 112 774 23 122 2 6 214 1342
    2000 73 378 78 374 18 77 1 1 170 830
    2005 66 332 71 443 17 63     154 838
    2010 63 320 60 399 26 86     149 805
    2015  56 305  60 414  20  98     136 817

     

     開園当時は前身の諏訪山動物園から連れてきた動物を含めて46種179点で始まりました。その後、1995年くらいまでは年度によって増減はありましたが、種類、展示数も増加傾向にありました。2000年以降は減少が続いています。

      1973年に世界的な動植物の野生保護の観点からワシントン条約が採択され、1975年に発効し、1980年日本が批准しました。その後、規制の強化が続き、現在では、野生から動物園が動物を導入することは一般的にありません。

     また、近年では中国など経済発展を遂げた国では動物園での動物収集が盛んで、動物の購入費用が高騰しています。

     

     王子動物園で今後の獣舎整備や動物コレクションプランを検討するうえで、継続飼育可能な動物種の見極め、動物福祉に配慮した獣舎面積等の確保、群れ飼育など動物の社会性の考慮などをキーワードにして、限られた敷地を有効利用し、魅力的な動物展示や効率的効果的な動物繁殖を実現していく必要があります。そのためには、必然的に種類、点数の絞り込みは実施していかなくてはなりません。

     

  • 2016年11月26日

    えんちょうさんぽ72 「動物園の紅葉」

     

      ここ数日、寒さが厳しくなり、動物園の木々も落葉が多くなっています。この時期、落ち葉を清掃する人たちは大変です。

     

     DSC03017

     

     そんな中、まだ、落葉せず、西日に黄色く輝く銀杏の大きな木がありました。コアラ館の入り口付近です。

     

     DSC03077

      

     掃除は大変だけど春の緑と秋の紅葉、動物園でも楽しめます。

  • 2016年11月01日

    えんちょうさんぽ71 動物園を考えるⅡ

     

     全国の動物園の入園者数のランキングを見てみましょう。

     動物園の評価は入園者数だけでは測れませんが、たくさんの人に動物園に来て楽しく学んでもらうというコンセプトを達成するためには重要な評価点です。

     

    全国の動物園のH27年度入園者数

     

    順位

    動物園名

     

    入園者数()[万人]

    都市名

    人口

    () [万人]

    A/B

    ×100

    上野※

    397

    東京都

    92123区)

    43.1

    東山※

    258

    名古屋市

    230

    121.7

    天王寺※

    173

    大阪市

    270

    64.1

    旭山※

    152

    旭川市

    34

    447.1

    王子※

    125

    神戸市

    154

    81.2

    東武

    123

     

     

     

    ズーラシア※

    122

    横浜市

    373

    32.7

    京都市※

    121

    京都市

    148

    81.8

    アドベン

    117

     

     

     

    10

    野毛山※

    110

    横浜市

    373

    29.5

    ※は公立

     

     平成27年度では王子動物園は全国5位ですが、入園者総数はその周辺の人口規模が大きくかかわっており、公立動物園の場合、その都市の人口規模が年間入園者数の目標値とされてきました。王子動物園の場合は達成率は81%です。

     

     ここにショッキングな数値があります。兵庫県が発表している人口の将来予測です。日本は人口減少期に入っていますが、日本の縮図といわれる兵庫県では2010年の559万人から2040年には467万になると推測されています。減少率は16.5%ですが、さらに驚くのは15歳以下の年少者の人口が76万1千人から47万2千人に約4割減少するという予測です。子供が来園者の中心である動物園では大きな課題です。王子動物園も約4割をこの層が占めています。

     

     

     

     

     アンケート結果から見ると王子動物園の来園者リピーターが多く、その割合は7割以上で、4人に1人は10回以上来園したと答えています。将来の人口減少、子供の激減を考えれば、さらに、大人の人に何度も来てもらえる動物園になっていく必要があると思っています。

     

     

  • 2016年10月14日

    えんちょうさんぽ70 「きょうのぱんだ」

         今日は暑くもなく寒くもない良い日和です。

     

     DSC02999

     

     ジャイアントパンダの旦旦はごろりと寝そべりリラックス

     

     DSC02996

     

     腹筋運動でもやって体鍛えよかな

     

     DSC03003

     

     やっぱりしんどいからぐたーとしとこ

     

     DSC03004

     

     ここはお客さんによく写真撮られて、落ち着かんな

     

    DSC03005

     

     ちょっと場所を移動しよう

     

    DSC03009

     

     ここは落ち着くわ 脱走防止のモート(溝)の中でした。

     

    DSC03011

     

     パンダプラザでもハロウィンパンダがお出迎え