園内案内
  • 動物エリア
  • 動物科学資料館
  • 遊園地
  • レストラン・ショップ
  • 旧ハンター住宅
動物紹介
  • みどころ
  • 動物図鑑
  • ぱんだの部屋
動物図鑑
総合案内
  • 営業時間
  • 料金案内
  • 交通アクセス
  • 動物サポーター
  • 年間パスポート
  • よくあるご質問
  • 施設概要
年間パスポート
動物サポーター
おすすめコース
スタッフブログ

スタッフブログ-staff blog-

最新ニュース

  • 2014年07月03日

    じゅーいのしゅーい#9 ボスキの旅立ち

    昨年11月26日生まれのクロジャガーの双子、ボスキとミワ。

     ツインズファンのみなさまにはちょっと悲しいお知らせでしょうか?

    オスのボスキが一足先に王子動物園を旅立つことになりました。

     DSC_4162

    (左:ミワ、右:ボスキ)

     

    ジャガー一家の住まい「円形猛獣舎」はあまり広くないので、

    いずれはボスキもミワも巣立っていかねばなりません。

     

    クロジャガツインズの成長ぶりはめざましく、ボスキは生後7か月ですでにこの大きさ。

     bosuki_3

    後ろの母親ローラと比べても遜色ない貫禄でしょう?

    「赤ちゃん」とはもう呼べません。

     

    特にボスキは、メスのミワよりがっちり体型…さすがアトスの息子!

    このままでは一家の暮らしがずいぶん窮屈になることもあり、ボスキには早めに独り立ちしてもらうことになりました。

     

    行き先の鹿児島市平川動物公園はキリマンジャロのふもと…もとい桜島を望む薩摩半島にあります。

    総面積31.4万平方メートルはなんと王子の約4倍!

    ミワより甘えん坊なボスキ、送り出すのは少しばかり心配ですが、

    広々とした平川の獣舎に早く慣れてくれることを祈りたいと思います。

     

    さびしくなりますが、どうか門出を祝ってやってください。

     DSC_4158 DSC_4193 

    こんなおちゃめな姿ももうすぐ見納め…。

     

    ちなみに、メスのミワはもうしばらく王子にいますので、母親ローラ&父親アトスともども、また会いに来てくださいね。

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2014年07月02日

    お宝、発見

    ゾウの下顎骨

    インドゾウ「モモ」

    2004年3月2日生2005年4月25日没

    が残してくれた下あごの骨です。

     

    ゾウ歯の交代 

    1個の臼歯の後ろに、次の臼歯が埋まっています。

    ふつう新しい歯が下から出てきて、古い歯は抜けますが、

    ゾウの歯の交代は後から前へ出てきます。

    このお宝で実感できました。

    動物科学資料館の展示室へ行けば、発見できます。

     

    (なんの専門)

  • 2014年07月01日

    えんちょうさんぽ⑬ 「ジャイアントパンダの魅力」

     現在、ジャイアントパンダは中国(台湾、香港、マカオを含む)を除いて、12か国17園の動物園で飼育されています。日本は3園で、そのうちの1園が王子動物園です。

     パンダの存在が中国外に知られたのが1869年、現在のように世界中の人々から愛される動物になるまで100年もかかっていないとされています。王子動物園で行った「好きな動物は」というアンケートでは、50パーセントを占める断トツに人気No1の動物です。なぜ、人気があるのか、その魅力を考えてみたいと思います。

    DSC00291

     

    ① 目の周りの黒の模様が大きいたれ目に見える。

    DSC00429

      実際のパンダの目は小さく、鋭い

     

    ② 大人になっても赤ちゃん体形

      人間が赤ちゃんをかわいいと思えるのは、その体形が大きく影響しているといわれています。

    DSC00375

      パンダは生まれた時も大人になっても三頭身

     

    ③ 目と鼻の位置が顔の下方

      パンダは肉食獣でありながら竹を食べるためにあごの筋肉が発達して、大きな顔やあごになったとされています。

    DSC00393

     かっこいい系の代表であるヒョウの顔と比べるとよくわかります。

    DSC00170

     

    ④ 体全体が丸い

     いわゆる幼児体型で、癒しを感じさせてくれます。

    DSC00070DSC00068

     

    ⑤ しぐさがかわいい

     よちよち歩く姿やタイヤにおやじすわりをして竹をほうばる姿など見てるだけでほんわかします。

    DSC00179

    パンダはまだ、わかっていないこともたくさんあります。今後も調査、研究の中で新たな発見もあるかもしれません。

    皆さんもぜひ、王子動物園に魅力いっぱいのジャイアントパンダに会いに来てください。

     

  • 2014年06月30日

    大人のための動物園講座

    6月29日(日曜日)、「大人のための動物園講座」が開催されました。

     

     

    動物園が大好きな大人のみなさんに、普段入ることのできないバック

     

    ヤードや飼育展示場に入っていただき、お掃除や餌づくりなど、飼育員

     

    体験をしていただくというイベントです。

     

    高倍率の抽選に当たり、参加してくださった皆さんの奮闘ぶりをお伝え

     

    いたしましょう。

     

     

    ここはカバのプール。デッキブラシでごしごしこすってきれいにします。

     

    「もっと腰をいれて!」

     

    飼育員の愛のこもった叱咤激励が聞こえるようですね。

     

    DSC01308

     

     

    コアラのバックヤードではお食事の用意。いろんな種類のユーカリを

     

    集めて束にします。

     

    たくさんの種類のユーカリがあり、それぞれ色や葉っぱのかたちや

     

    かおりが違います。

     

    IMGA0523 - コピー

     

    ユーカリの束をポットに入れて完成です。

     

     IMGP6307

     

     

     

    さて、こちらは厳しい肉体労働の現場。

     

    アジアゾウのマックのうんこそうじです。

     

    さすが国内最大級の大きさのマック。

     

     うんこの量も半端じゃないです。

     

    参加者の方、お腰は大丈夫だったでしょうか。

     

    IMGA0518 - コピー

     

     

    太陽の動物舎のバックヤードです。

     

    カメやコウモリ、夜行性動物が飼育されています。 

     

    赤や緑の野菜やフルーツをふんだんに使った餌を

     

    盛りつけていきます。

     

    DSC01324 - コピー

     

    ちなみにできあがりはこんなの。

    (写真はイメージです)

     

    DSC00668 

     

     

    チンパンジーの寝室のおそうじや・・・

     

    DSC01331 - コピー

     

     

    ホッキョクグマのえさづくりや・・・

     

    DSC_4647

     

     

    もりだくさんの一日でした。

     

     

    「大人のための動物園講座」は年に2回(6月、2月)開催しています。

     

    6月は飼育体験、2月は飼育係や獣医のお話です。

     

    参加は抽選ですが、興味のある方は申し込んでくださいね。

     

    お待ちしています。

     

     

    (オカン)

     

     

  • 2014年06月26日

    動物紹介シリーズNo.2 アカカンガルー(つづき)

    王子動物園のアカカンガルーの全個体の愛称を紹介します

    No

    性別

    生年月日

    出生場所

    特 徴

    名前

    1

    メス

    20011125

    王子動物園

    左耳タグY-0021 茶色、やや小型

    マリン

    2

    メス

    200681

    王子動物園

    茶色きれい 左耳少し欠け 袋内腫瘍

    チャキ

    3

    メス

    2007113

    王子動物園

    灰 首左うず よく慣れている

    ミカン  

    4

    オス

    200812

    王子動物園

    茶 鼻の上白く斑 右耳付け根腫瘍

    グレオ

    5

    メス

    200841

    王子動物園

    不慣 耳きれい 尾太短 体格良

    イチゴ  

    6

    メス

    2008624

    王子動物園

    灰色、右耳切れ、顎から耳下白斑、人工哺育

    モモコ  

    7

    メス

    2008108

    王子動物園

    不慣 左耳先欠け

    リョウ

    8

    メス

    2009621

    王子動物園

    不慣 右耳先角

    アンズ

    9

    メス

    2009109

    王子動物園

    灰色、しっぽ長く綺麗、耳細かくギザギザ

    トミ

    10

    オス

    2008521

    八木山動物園

    顔が黒っぽい 顎白斑 右前人差爪欠

    ロック

    11

    オス

    2010826

    王子動物園

    鼻先白斑 顎から耳白斑

    アッシュ

    12

    オス

    2010917

    王子動物園

    茶 鼻上白斑 耳ギザギザ 非常に良く慣れている

    ルーク

    13

    オス

    20101119

    王子動物園

    首、肩に蒙古斑  非常に良く慣れている

    ダグラス

    14

    オス

    201113

    王子動物園

     

    ケンジ

    15

    オス

    201155

    王子動物園

    右目白内障(2012/08/29)

    テリー

    16

    メス

    2011627

    王子動物園

     

    ルル

    17

    オス

    2011727

    王子動物園

    顔黒灰色

    イーゴリー

    18

    メス

    2011728

    王子動物園

     

    シズカちゃん

    19

    オス

    20111010

    王子動物園

     

    ムハハ

    20

    オス

    20111214

    王子動物園

     

    くらのすけ

    21

    メス

    2012328

    王子動物園

     

    ベリコ

    22

    メス

    201278

    王子動物園

     

    オリヒメ

    23

    メス

    2012728

    王子動物園

    袋たるんたるん

    アヤナ

    24

    メス

    20121110

    王子動物園

    非常に良く慣れている

    シオン

    25

    メス

    20121118

    王子動物園

     

    ゼロ

    26

    メス

    201313

    王子動物園

     

    チャラリン

    27

    オス

    2013220

    王子動物園

     

    ジャンジャン

    28

    オス

    2013102

    王子動物園

    全体茶 右耳後ろ黒い

    ハノイ

    29

    オス

    2013102

    王子動物園

    全体に灰 尻尾付け根黒い

    ポム

    30

    メス

    20131118

    王子動物園

    灰 顔白斑まだら

    ナキコ

    31

    メス

    201411

    王子動物園

    モチ

    32

    メス

    2014213

    王子動物園

     

    ヤップ

    33

    オス

    2012614

    とべ動物園

    茶、顔細い、尾の真ん中黒い、耳付け根白い

    とべきち

    34

    オス

    2014220

    王子動物園

    尾の中間黒灰

    ソチ

    35

    オス

    2014311

    王子動物園

    口のまわり白斑 両手指先真っ白

    ブロッケン

    36

    オス

    2014323

    王子動物園

    目が少しクリッとしている

    くわお

    これだけ名前をつけて大切にしてくれているのがうれしいです。

    そーかつ☆

  • 2014年06月26日

    動物紹介シリーズNo.2 アカカンガルー

        アカカンガルーとは

    オーストラリアの草原に広く生息する有袋類。カンガルー類で最大。2~10頭の群れで生活し、草などを食べる。妊娠期間は約33日。出産後約7ヶ月は母親の育児袋で成長する。1産1仔

    王子動物園のアカカンガルー

    現在(2014年5月1日)現在の頭数 → 36頭

    王子動物園ではアカカンガルーが次々に繁殖しています。みんな元気で、よくなれているのでお客さんの近くにも平気で近づいたりしています。

    常に母親の袋の中に赤ちゃんがいますので、ご覧いただければ幸いです。

    カンガルー

     

    カンガルーがいっぱい

    カンガルー2

    常に赤ちゃんがいます。

    カンガルー3

    袋から出てきた赤ちゃんも見れます。

    カンガルー4

    お母さんと仲良し

    カンガルー5

    のんびりして仲良しのカンガルーたちを見に来てくださいね

    そーかつ☆

     

     

     

     

  • 2014年06月23日

    セツビのセ No.1  コザル舎改修工事始まりました

    コザル舎は西棟、中棟、東棟の3棟で構成され、それぞれ1980年、1969年、1975年築と古いものでした。これを建て替えることになりました。

    今年度末に完成予定です。その間ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をお願いいたします。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    まず、解体用足場を組みました。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    窓枠アルミサッシを外しました。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    アルミサッシを外したら、なんとスチールの窓枠が下から出てきて驚きました。やはり歴史を感じます。ちなみに管理事務所や調理場などはスチールの窓枠です。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    放飼場の檻の金網、木組みを外しました。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    足場に防音パネルを貼りました。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    重機で建物を解体しています。7月上旬には解体工事終了です。

     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    工事の進捗はまたお知らせいたします。

    ジジ1号

  • 2014年06月22日

    じゅーいのしゅーい#8 チェリーさん誕生日

    チンパンジーのチェリーさん、6月22日で51歳になりました!

     DSC01216看板

    父親のジョニーさんが国内最高齢(63歳)のため目立ちませんが、

    じつはチェリーさんも国内約300頭中5番目のご長寿なんですよ。

     DSC01220ビワを食べるチェリー

    ビワ、おいしい?(担当の飼育係が用意した、今日だけの特別メニュー!…私、まだ今年ビワ食べてないよ~)

     

    チェリーさん、開園前の回診のときには、同居人のユキさんと一緒に

    まだ寝室にいます。

     DSC02632朝の挨拶

    ユキさん(右)は挨拶にきてくれますが、チェリーさんは無視…。

    絶対、こっちに気づいてるんですけどね。

     

    くやしいので、ある日、爆睡しているところを激写しちゃいました。

     DSC01496ねむるチェリー

    写真ではわかりづらいですが、目をつぶっています。

     

    10年前は私の顔を見ると「やる気ならいつでもやるわよ!」とウ○コを投げてきたチェリーさん。最近は丸くなってきたのか、チラ見しかしてくれません。

    ちょっと淋しいです…。

     

    ジョニーさんともども、長生きしてね!

    (亜種メガネダヌキ)

  • 2014年06月21日

    羊毛でペーパーウェイトを作ろう

     圧縮1

     

    本日動物科学資料館でペーパーウェイトを作る催しが行われました

     

    圧縮2

     

     

    圧縮3 

     

    兵庫区からお越しのお客さまです

    弟さんは疲れてお休み中です

     圧縮4

    上手な作品ができあがりました

     

     

     

    圧縮5

     東灘から大橋さまがお孫さんとお越しになられました

     

     圧縮6

    こんなかわいい作品もできあがりました

     

    動物科学資料館では随時このような催しを行っています

     

    次回は7月の5日、6日に「たなばたを飾ろう」と題して

    動物短冊に願い事を書いて笹につるすイベントを行います

    皆様のお越しをお待ちしています

     

                                                                                   Aちゃん

  • 2014年06月19日

    えんちょうさんぽ⑫ 「赤ちゃんゾウに逢ってきました」

     6月15日(日曜)、市原ぞうの国へ行って12日に生まれた赤ちゃんゾウに逢ってきました。とても元気に大きな声で鳴いていました。

    DSC00879

    赤ちゃんゾウと後ろがプーリー

    DSC00850

    ズゼの搾乳

     体重は生まれた直後が142kg、しばらくおっぱいが飲めていなかったので、6kg減りましたが、ズゼから搾ったミルクとプーリーのおっぱいを飲ませてもらって、毎日1~1.5kg体重が増加しています。ズゼからこの日まで授乳できていませんが、プーリーは優しいお母さんゾウで、すぐに代理をしてくれました。その子ゾウのりり香も仲良く一緒に遊んでくれています。野生のゾウはメスが中心に群れで生活して、互いに助け合って生きていると本で知っていましたが、この日、実感できました。

     DSC00857DSC00858

    体重を量っている赤ちゃんゾウと後ろで私もとおねだりするりり香

     市原のゾウ使いは交代で24時間赤ちゃんゾウの世話をしてくれています。タイでは生活の中にゾウがいて、ゾウの経験値、信頼関係は常に一緒にいることで増幅されていくようです。

    DSC00882

    安心して寝ている赤ちゃんゾウとそばについているゾウ使い

     今週末に王子動物園と市原ぞうの国で名前を決める投票を行います。ふるって、投票してください。

    今後、元気なオスゾウに育っていってほしいものです。